ベビーパールとは一般的に5mm程度までの小さな真珠のことを言います。 真珠は大きなサイズの方が高価とされているため、小さいサイズのベビーパールは安価で購入できると思われがちですが、あこや真珠のベビーパールは育てるのに手間が掛かる上、20年ほど前からは中国で安価な淡水真珠が大量に作られるようになったため、価格で対抗できないあこや真珠のベビーパールは生産量が年々少なくなって希少なものになってます。

大量生産されている淡水真珠のベビーパールを使った方が安くリングを作ることができますが、「美しさ」という点で考えると圧倒的にあこや真珠の方が綺麗なんです。あこや真珠ならではの内側から溢れ出るような艶めきを感じていただきたいからこそ、あえて希少なあこや真珠のベビーパールを使っています。

あこや真珠リングはこちら