なぜお葬式で、真珠はつけてもいいの?

お葬式などお悔やみの席では、一般的に真珠のネックレスをジュエリーとして
つける習慣が多く見られます。
それは、真珠が「涙」のシンボルとされているため、お別れの場にもふさわしい
ジュエリーとされているからです。

  ブラックフォーマルのマメ知識
まず、喪服には「正喪服」と「準喪服」、「略喪服」があります。
「正喪服」は悲しみのシーンでの一番正式な装い。不祝儀における喪主、親族、一周忌までの法用の喪主など、ごくあらたまった立場の人や、大きな規模の告別式での装いです。
「準喪服」は最も一般的に悲しみの場での装いとして着る機会の多い喪服。
一般的な葬儀・告別式・一周忌までの殆どの法要で着用します。
原則は黒のワンピース、アンサンブル、スーツです。スカートの丈はひざ下が原則。やや長めにね。開きすぎない襟元と長袖(※夏は7分袖でも良いです)ストッキングはベージュでも可ですが…黒が無難です。
バッグは艶消しの布製か皮製。飾り金具がついていないものを。
流行を取り入れたお洒落なデザインの喪服も増えていますが、あくまで悲しみの席ですので派手になり過ぎない気配りが必要ですね。
アコヤ本真珠ネックレスと念珠は大人の女性として必需品です。


ホワイトパールとどちらがいいの?
お悔やみの席で使うパールネックレスは、ホワイトとブラックの
どちらもお使いいただけます。
パールネックレスをつけることは、故人へのお別れをフォーマルな
服装で行うということなので、どちらが正しいということはありません。
お悔やみの席へ行く機会は急にやってきます。いざというときにすぐ使える
ネックレスとして、また、ホワイトパールを普段にも使いやすくするために
ブラックパールをブラックフォーマル用にお持ちになる方もいらっしゃいます。