Recommend -おすすめシリーズ-
Pearl News -新着情報-
真珠について
よくあるご質問
レビュー -お客様の声-
コンセプト
ギフトラッピングについて
送料とお支払い方法について
お問い合わせ
マイページ
メールマガジン登録
ストア enwsp
会社概要
ログアウト
カテゴリーメイン画像

アレルギーフリージュエリー

「ジュエリーをつけると痒くなる...」と金属アレルギーにお悩みの方にも、
他の素材のジュエリーと同じように パールの色とりどりの魅力を楽しんでほしい。
そんな想いをコンセプトにした アレルギーフリー素材のパールジュエリー。

製品はサージカルステンレスや純チタンといった、アレルギーフリー素材を使用。 淡水パールだけでなく南洋真珠なども取り揃え、トレンド感もあり高見えする本格ジュエリーに仕上げています。
大人が着けたいと思える見ためと金属アレルギー対応を兼ね備えた、「こういうの欲しかった!」を叶えるコレクションです。

金属アレルギーとは

金属アレルギーは金属が原因で起こるアレルギーで、金属から溶けだした金属イオンが体内に入り込み、免疫機能が異物と認識して起こすアレルギー反応です。夏に症状が出やすいのは、汗と反応して金属イオンが溶けだすためです。
アレルギーは個人差がありますが、その症状は金属との接触部に起こるかゆみ、赤み、水ぶくれなどがあります。一度なってしまうと治すことができないので、症状が出た場合は、肌に直接触れる装飾品に注意する必要があります。

原因となりやすい金属は?

金属アレルギーになりやすいのはイオン化しやすい金属で、ニッケルやクロム、コバルト、銅などが代表的です。 ニッケルやクロムはアクセサリーパーツのメッキによく用いられており、安価なアクセサリーはニッケルやコバルト、真鍮(銅と亜鉛の合金)などが多いので、アレルギーが心配な方は避けた方が無難です。(※アレルギーの原因は個人差があります)

アレルギーフリーの金種は?

一般的に、純度の高いチタンサージカルステンレス、プラチナ(PT900~1000)はアレルギー反応が出にくいと言われています。

ゴールド製品に関しては、金は溶けにくい性質なので、純度が高ければアレルギーを起こすことはほとんどないと言われていますが、純金の商品でないかぎり割金に別の金属をつかっています。WG(ホワイトゴールド)は白い色をだすためにパラジウムを割金にしており、PG(ピンクゴールド)はピンクの色を出すために銅を混ぜているのでアレルギーが出る人もいます。

※アレルギーの原因には個人差があり様々ですので、サージカルステンレスや純チタンはアレルギーが起きにくい素材ではありますが、すべての方にアレルギーが起きないことをお約束するものではありませんのでご確認、ご了承の上お選びください。

サージカルステンレス(316L)の特徴

316L(SUS316L)はサージカルステンレスをJIS規格で表記したものです。 サージカルステンレスはステンレスの中でもとくに腐食しにくく、医療用器具などにも使われており、
金属アレルギーの方にも最適な素材として注目されています。

✓変色が少なく錆びにくい
✓傷がつきにくい
✓金属アレルギー対応

※アレルギーの原因はさまざまです。サージカルステンレスはアレルギーが起きにくい素材ではありますが、
すべての方にアレルギーが起きないことをお約束するものではありません。予めご了承ください。

アレルギーフリー着用画像

並び替え
19件中 1-19件表示
並び替え
19件中 1-19件表示