南洋真珠(白蝶真珠・黒蝶真珠)のジュエリー

南洋真珠には、南洋白蝶真珠とタヒチ黒蝶真珠があります。

南洋白蝶真珠とは

南洋真珠最大の真珠貝である白蝶貝(しろちょうがい)から採れる真珠で、大きいものでは、貝の大きさが30センチ以上になる場合もあります。貝がとても大きいため、真珠も大きく育ち、19ミリくらいまでのサイズになる真珠もあります。

南洋白蝶真珠のジュエリー

貝殻内面の周辺部の色によってシルバーリップとゴールドリップに分けられます。オーストラリア海域ではシルバーリップ、インドネシアやフィリピン海域ではゴールドリップが多いようです。
真珠の色はホワイト、シルバー系クリーム、ゴールド系に分けられますが、アコヤ真珠のようにブルー系やグレー系、シルバー系のものもあります。

ゴールド系の真珠は自然のままのナチュラルカラーの真珠やゴールドカラーに染色した真珠が流通していますが、当店の白蝶真珠はナチュラルカラーのみ取り扱っております。

南洋白蝶真珠は、珠のサイズも大きく、高級感があり、華やかでゴージャスな印象の白蝶真珠。真珠の女王と呼ばれるに相応しい気品溢れる輝きを放ちます。

南洋白蝶真珠のジュエリー

タヒチ黒蝶真珠とは

黒蝶真珠は黒蝶貝(くろちょうがい)から生まれる真珠です。一般的にタヒチ真珠、黒真珠、南洋黒と呼ばれており、フレンチポリネシアのタヒチ産が代表的です。

南洋白蝶真珠のジュエリー

真珠貝は10cm~20cm程度で、その貝から採れる黒真珠のサイズは8mm~12mm程度のものが多いと言われています。
真珠の色は黒系、グリーン系、グレー系などが多く、自然から生み出された多彩な色や形、深みのある神秘的な輝きが黒蝶真珠の魅力です。グリーンブラック系や赤みとグリーン色の両方が感じられるものは、ピーコックカラーと呼ばれています。

黒蝶真珠(タヒチ真珠)は真珠貝の中でも特に活動的な方で、貝の中で真珠が回転してサークルを巻いた真珠や、個性的な形をしたバロック型、しずく型をしたドロップなど様々な形になりやすい真珠なのも特徴です。

シックで格好良い印象にタヒチ黒蝶真珠。女性にはもちろん、男性にも人気があります。
ブラックフォーマルからデニムなどカジュアルな装いなど、様々なシーンで品格と個性を演出します。

タヒチ黒蝶真珠のジュエリー Tahitian+(タヒチアンプラス)シリーズ