バロックパールジュエリー

バロックパールジュエリー

バロックパール(バロック真珠)は丸くない、デコボコとした形の真珠のことを言います。
ポルトガル語で「Baroque(バロック)」 は「歪んだ」を意味し、そこからバロックパールと呼ばれるようになりました。

バロックパール(バロック真珠)とは

一般的に真珠は母貝の中に入れた丸い核を中心にし、年月をかけて少しずつ形成されて丸い真珠ができあがるのですが、バロックパール(バロック真珠)はその途中で丸い核に異物が付着し、核の形が丸からいびつな形に変化し、それを中心にして形成されるためにできあがると言われています。

養殖技術がなく、天然真珠しかなかった時代は丸い真珠こそが美しく、価値があるとされており、いびつな形のバロックパールは「価値の低い、出来そこないの真珠」とも言われていました。
しかし最近は養殖技術の進歩により価値のある丸い真珠がたくさん作られるようになる一方、価値の低いバロックパール(バロック真珠)の数が激減したことで、「この世に二つとない、個性的な形の真珠」として注目されています。

バロックパール(バロック真珠)の魅力

バロックパールの魅力は何と言ってもその個性的な形。自然の中での偶然の結果によってできたもので、この世に二つと同じ形は存在しないというのが大きな魅力です。
またその形から丸いラウンド型の真珠に比べて、カジュアルスタイルとの相性も良く、普段使いしやすいのも人気の秘密です。

バロックパール(バロック真珠)の選び方

一般的に真珠を選ぶ際にポイントとなるのが照りの良さやキズだと思いますが、バロックパール(バロック真珠)の場合はそれよりも見た瞬間の第一印象が大事です。いわゆる「ひとめ惚れ」とでも言えばわかりやすいでしょうか。
2つと同じ形のものがないバロックパールは目に留まった時に「素敵」 と思えば、それはきっとその真珠との間に「縁」があったということなのだと思います。
それを逃してしまうと、同じようなバロック真珠を見つけることはできません。まさに一期一会です。

並び替え
12件中 1-12件表示
並び替え
12件中 1-12件表示