Recommend -おすすめシリーズ-
Pearl News -新着情報-
真珠について
よくあるご質問
レビュー -お客様の声-
コンセプト
ギフトラッピングについて
送料とお支払い方法について
お問い合わせ
マイページ
メールマガジン登録
ストア enwsp
会社概要
ログアウト

調色真珠・無調色真珠の違い

無調色真珠

無調色真珠とは、真珠本来の光沢や透明感をそのまま生かした形で製品化された真珠です。
貝から取り出したそのままという意味ではありません。

本来真珠の加工工程として、真珠は貝から採り出したあと、染みや汚れを落とすために前処理・漂白等の下地処理を行います。
この次の工程で、真珠本来の美しさを引き出す、色を整える調色加工を施します。
一般的な処理方法として施されるものであり、一般的に店頭に並ぶほとんどのあこや真珠が調色真珠です。

一方、無調色真珠は下地処理で留めたものになります。
無調色真珠は調色真珠に比べると、黄味も感じられるような柔らかいナチュラルなホワイト系となります。

調色か、無調色かは、真珠の加工の仕上げ方法を示すものであり、品質に違いはありません。
ホワイトピンク(調色)か、ナチュラルホワイト(無調色)か、お好みによりお選びください。
喪のお席では、調色、無調色のどちらの真珠もご使用いただけます。

調色真珠(ホワイトピンク)

無調色真珠(ナチュラルホワイト)